診療内容

ホーム > 診療内容 > 一般外科

一般外科

創傷治療(湿潤療法)

当院の一般外科治療では、基本的に消毒液を使用しません。

すべての創傷はまず洗浄処置を行います。切り傷の縫合、皮膚潰瘍、たこ、鶏眼等などの治療を行っております。
一般的には消毒し、乾燥させることで治療を行いますが、当院は消毒をせず傷口を保湿する湿潤療法という治療をします。
この治療だと、かさぶたができず、綺麗に早く治すことができます。

湿潤療法(モイストヒーリング)とは?

湿潤療法(モイストヒーリング)とは、患部を乾かさないように密封し湿気を保つことで、人間が本来持っている自然治癒力を引き出す治療法です。この方法は、従来の傷を乾かす方法よりも痛みが軽く、傷跡も残りにくいだけでなく、早く治すことができます。

ケガをしたときに人間の身体からでる、治癒させる効果のある体液を利用し、ドレッシング剤と呼ばれる衛生材料を人間が本来備えている自然治癒力が発揮されるように手助けする治療法になります。

湿潤療法のメリット

  • 1傷が早く治る
  • 2痛みが少ない
  • 3傷跡が残りにくい

症例

  • 内科
  • 一般外科
  • 巻き爪治療
  • 内視鏡検査
  • 肛門大腸科
ページトップへ