診療内容

ホーム > 診療内容 > 大腸肛門科

大腸肛門科

痔でお悩みの方へ

痔でお悩みの方は多くいらっしゃいます。代表的な痔は、いぼ痔・切れ痔・あな痔の三つです。この中で患者様に一番多く見られるのは、いぼ痔です。

  • いぼ痔・・・おしりの血行が悪くなり、血管の一部が膨れてこぶのような物ができた状態。
  • 切れ痔・・・硬い便が出る等で、肛門の皮膚が裂けてしまった状態。
  • あな痔・・・肛門の周りに膿が溜まり、外に流れ出る穴ができてしまった状態。

そして、いぼ痔は更に「内痔核」と「外痔核」に分けられます。内痔核は肛門の内側、直腸の側にできた痔で、外痔核は肛門の外側にできたものです。

肛門大腸科

メスを使わず、痛みも少ない「ジオン硬化療法」

ジオン硬化療法とは、いぼ痔の治療法のひとつで、手術で治療するのではなく注射で直接痔に薬を注入することで、痔を硬化させ縮小させる治療法です。治療ができるのは「脱出を伴う内痔核」に対してです。この治療法の良いところは、

  • メスを入れずに治療ができる
  • 痛みがほとんどない
  • 日帰りで治療ができる

等のメリットがあります。この治療法は肛門を専門にしている医師の中でも、資格を持った医師しか行うことができません。当院ではこの治療法が行えますので、いぼ痔でお悩みの方はぜひご相談ください。

受講証

大腸肛門科の治療

痔の治療に関して、ジオン硬化療法ができない場合は、局所麻酔での肛門手術となります。
他にも症状に応じて治療を行いますので、なかなか相談しにくいとは思いますが、お気軽にご相談ください。

  • 内科
  • 一般外科
  • 巻き爪治療
  • 内視鏡検査
  • 肛門大腸科
ページトップへ